DOG ROAD~セラピードッグへの道

一般家庭犬がAATの認定セラピードッグを目指す・・・そんな日々の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイヌ犬

今日、泰地を迎えに横浜へ・・・
その帰り、嫌な話を聞きました。
(ミクシィをご覧の方は、そちらと同じ内容の記事ですので
ご了承ください)

゚・*:.。..。.:*・゜*:.。..。.:*゚・*:.。..。.:*・゜*:.。..。.:*

※ランキング参加中。ぽっちりお願いしま~す。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ




その家では、アイヌ犬を飼っていたのだそう。
初代、二代と続いて三代目に迎えた子は
1歳を過ぎたあたりから喧嘩に強くなり
家族に次々噛み付き、家長の男性以外の人は
えさをやることも、散歩も出来なかったと。
家長の男性も犬が怖かったので
散歩には木刀を持って(もちろん犬を守るためではなく、犬の攻撃を制止するために)行ったのだとか。
そのアイヌ犬は、今でいう「アルファシンドローム」の典型のような犬になってしまった・・・のです。

それでもとうとう、誰にもどうしようもなくなり
ある日その男性は、川沿いで犬の引き綱を離しました。

彼は、犬を捨てたのでした。

彼は言います「保健所に連れて行くよりはかわいそうではなかっただろう」
「オレも本当に怖かったんだ、あいつが」
でもね・・・どのみちそんな気性の荒い子がウロウロしていれば危険極まりなく、
遠からずつかまって、結局は保健所のガス室で苦しんで死ぬんですよ・・・。
持ち込みされた子も辛いけれど、放浪の末捕獲される恐怖、ガス室に追い込まれる恐怖を思ってみてほしい・・・。
何より、下に見ていたとはいえ、ゴハンと安眠できる場所を提供してくれていた飼い主に捨てられて
帰る場所もなくなった恐怖を思ってみてほしい・・・。
飼い主一家が感じていた恐怖も相当だろうけれど
同じように・・・いえそれ以上に、
その子は最期、暗い恐怖の中で死んでいったんです。
怖い怖いというけれども、そんな子に育ててしまったのは、自分だよね・・・?
犬がかわいそうだったのではなく、最期を見たくなかっただけ・・・自分がかわいそうだったのでしょう・・・?
自分の見えないところで死んでしまう分には、かまわないんだね・・・。
そんなふうに思ってしまいました。
もちろん、そのような状態で飼い続けることも、無理なことでしょうけれども・・・。

いわゆる「安楽死」と「殺処分」はまったく質が違います。
殺処分はガスによる窒息死・・・しかも今使われているガスは
なかなか死ねない、苦しみが長いものだとどこかで聞きました。
たまに死ねない子がいて、最後とどめを刺されるとも・・・。
そういうことを知っていたので、やりきれませんでした。

唯一の救いは、その一家がそれ以降一切犬を飼っていない、ということでした。
恐怖から犬を捨ててしまったことを悔いていて
本当は犬が欲しいけれど、代わりに玄関にぬいぐるみを飾って紛らしていると。

今の日本で、どれほどの人が
犬を本当の意味で「育てる」ことの難しさを知っているだろう・・・
今日立ち寄ったドッグカフェは酷い有様でした・・・
あちこちでワンワン、ギャンギャン・・・喧嘩も始まりそうな感じでした。
飼い主さんたち・・・どうして止めないの?
叱り方も褒め方も知らないなら、ぬいぐるみを買うように犬を飼わないで!!と思ってしまいます・・・。
吠えている犬たちの心、そこにあるマイナス感情(恐怖で吠える子、攻撃しようと吠える子、要求で吠える子、色々います)からくる犬のストレスに、もっと目を向けてほしいなあ、と思います。
吠えている犬、噛み付いてくる犬が、実は一番、つらいんです。

私も毎日楽しいだけじゃない、むしろ試行錯誤、必死の毎日・・・。
問題が出るような素地を作らないために頑張って・・・問題がもし出てきたら、できるだけ早いうちに手を打って・・・
でなければ、犬たちの本能=警戒心と攻撃性を過剰に目覚めさせてしまう可能性だって、あるんですよね。
そちらではなく、彼らの持つ高い能力=服従心や親和性を伸ばし、社会に受け入れてもらえるような子を育てることが大切・・・
それは単に人に迷惑をかけないだけじゃなくて、犬の命を守ることだと、今日の話を聞いて改めて思いました。

この子のような運命をたどる犬が一頭でも少なくなるように
飼い主さんになる人は、しっかり犬について学んでから飼ってほしいと思います・・・。
それをサポートできるよう、DLC(ドッグライフカウンセラー)としての活動もしていきたいです・・・って、わたしゃー時間ないくせに(^^;)
でも、どっか遠くでガス室に追い立てられる子がいると思えば、頑張らないわけにはいかないです。

お話に出てきたアイヌ犬の事件は、もう15年以上前のことだそうです。
15年経っても、捨てられる犬たちは後を絶たない・・・
この現状を変えていこうとしないと、浮かばれないよね。
知ったからには、私、頑張るからね。

・・・悲しいお話ですみません~。ほんとごめんね!!!
フォローは咲妃ちゅん覚えたての「お手」♪コマンドは「あくしゅ」だよ!

20070506220329.jpg

  1. 2007/05/06(日) 21:56:00|
  2. しつけ
  3. | コメント:0
<<赤舌倶楽部・入会! | ホーム | 放置プレイしてしまった(汗)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

美帆

Author:美帆
>>>Miho Ishii<<<
開運・心理カウンセラー/英国バッチ財団登録プラクティショナー/ドッグライフカウンセラー/アロマテラピーアドバイザー。

>>>Taichi Ishii<<<
カニンヘンダックス。2004.4.8生まれ。

>>>Saki Ishii<<<
カニンヘンダックス。2004.8.31生まれ。

家族みんなで、セラピー活動ができるように頑張っています。
応援してくださいね(^▽^)


↓↓ランキング参加しています。よろしければクリックお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク集

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。